福岡の繁華街・中洲川端(なかすかわばた)にある福岡アジア美術館に来たで~

街中にあるこのユニークな建物が目印。

ajibi-maeapr16

先週から始まった「百花繚乱 中国リアリズムの煌き」展があっとんのや。

アジ美らしい展覧会やなぁ。

chinese-exhapr16

そのまま1階にあるエントランスからエレベーターで直行や。

ボタンは1階と美術館のある7階しかないから分かりやすいで。

 

楽ちんや♪

ajibi-ele

 

「中国リアリズムの煌き」展は、中国で5年に1度開催される公募展「全国美術展」の600点のうち、76点が来とるんやで。

それらの作品は中国画、油彩画、水彩画、版画、漆画、アニメーションなどジャンルに分かれて見やすくなっとるんや。

ただ、写実的に描かれとるだけやのうて、一つ一つの作品にとっての「りある」さが表されてな。描写だけではない何かがあるんや。何かがあるんやけど。何やろうな。

他の国ではなく、中国ならではの「リアリズム」感じてや。

久しぶり頭を使うたら、疲れてしもうたわ。

エントランスそばの「ちぇあ」で一休み。

ajibichair

ヲっと。地下鉄「中洲川端」からだと「川端」方面から出てや。

バスからは「川端町・博多座前」下車やで。

展覧会は2016年5月22日までやで。

I went to a busy street:Nakasu Kawabata.

The Fukuoka Asian Art Museum is located there.

It`s such a unique building.

Now,showing is:from the 12th Chinese National Exhibition of Fine Art 2014.

“The Sparkling Garden of Chinese Realism“.

This show consists of various styles,including oil & water color painting,printing & animation,etc…

This exhibition will continue until May 22nd 2016.