『物・語 近代日本の静物画』展

福岡市美術館で開催中の「物・語 近代日本の静物画」展に行って来たで。

seibutugaten

えええ!!!

作品の撮影OKなん!?

一部の作品(作品キャプションに撮影許可マークが付いとるで)はエエんやて。

やったー!

*ブログの掲載許可も頂いております。

現代アート作品は、しばしばOKなんやけど、近代作品では珍しいわぁ。

ホンマ、びっくりぽんやて。

よし!今のうちに撮影しちゃおう。

ヲっと! マナーは守らなあかんで(タヌキでもね)。

スタッフの方たちが親切に教えてくれるで^^

牧野虎雄さんの《花静物》や。

実物はもっと爽やかな色合いやで。

seibugaten-hana

さてはて、むむ。

似たような作品があるで。

あ。

ポスターに載っていた作品とちゃうか?

メイン作品なんや。

seibutu-kabin

・・・って、あれ?

どういうこっちゃ?

違うんかいな。

タヌキも騙されてしまう岸田劉生さんの作品なんや。

よう、似てるわな~

謎が謎を呼んどるわ。

これらの作品はそれぞれ所蔵先は別々なんやて。

だから、一緒の所に展示されてへんと、分からんのや。

行ってみるもんやな。

seibutuga-ringo

ん?謎の解明は???

それは展覧会へ行ってみてや^^

お。三岸好太郎さんの《飛ぶ蝶》や。

ホンマや、一匹飛んで行ってもぅたわ。

題名をよく見ないと、ただキレイな絵で終わってまうわな。

タイトルを見て改めて見ると、ひと味違ってくるわ。

seibutuga-cyo

静物画の新しい楽しみ方や。

ユニークなこちらの展覧会は2016年7月3日までやで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする