英国最大の巨匠 ターナー 風景の詩 北九州市立美術館

ヲら、北九州市立美術館へ来たで~。

1974年に磯崎新さんが設計したユニークな美術館なんやで。

北九州の街並みも一望できるで。

さて、リニューアル・オープン記念特別展「英国最大の巨匠 ターナー 風景の詩」が開催中なんや。

19世紀、近代化の波と共に貴族から中流のブルジョアの時代へとヨーロッパ美術も変わってきてん。

遠方まで旅行に行けない人の為に描かれた風景画は、日本の広重らの浮世絵と通じるような楽しみ方があるんやな。

これでもかっ!というくらいに、ターナー作品が満喫できるで。

展覧会は2018年2月4日……今日までやんけ!

ご心配なく。巡回展なんや。

2018年2月17日~4月15日 京都文化博物館

2018年4月24日~7月1日 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

2018年7月7日~9月9日 郡山市立美術館(予定)

まだまだ、観られるで。

行ってみてや~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする